注意点を踏まえて活用する

普段使用する自動車には当然ガソリンが使用されていますが、時には走行中にガス欠になってしまう事態に直面することもあるかもしれません。

そんな時予備のガソリンが手元にあればガソリンスタンドに行くくらいは出来るかもしれませんが、ガソリン携帯缶を持っていたとしても正しい使い方をしないと非常に危険な事態に発展する可能性もあるので、ガソリン携帯缶を使用する際はいくつかの注意点を必ず守った上で使用するようにしましょう。

ガソリン携帯缶からガソリンを補充する時はガソリン携帯缶の内圧と静電気に特に中を払うことが大切です。

ガソリン携帯缶の内圧はガソリンが携帯缶の中で気化することによって高くなっている可能性が高く、栓を開けると同時に中のガソリンが飛び出してしまうことがあります。

そうした事態を防ぐために内圧調節ねじが取り付けられているので、使用前には必ずねじを緩めて内圧を調整しなければなりません。

更にガソリンが静電気によって引火した事例は非常に多く、大事故にも発展しかねない大変危険なものだということを自覚しつつ携帯缶を地面に置いたりして静電気を逃がすようにしたり静電気の元とのなるような衣服は脱いでからガソリンを補給するように注意しましょう。

コメントは受け付けていません。