ガソリンを入れるには

郊外などガソリンスタンドが近くに無い道路を走る際は常にガソリンの残量をチェックしておかないとどこにも無いような道路で立ち往生してしまうことがあります。

当然ガソリンがないと自動車は動かないので、こういうときのためにガソリン携帯缶にガソリンを入れた状態で保管しておけばガソリンを補給して再び自動車を走らせることができるようになるので、いざという時のためのガソリン携帯缶には常にガソリンが入っている状態にしたいものですが、ガソリン携帯缶にガソリンを入れるにはどうすれば良いのでしょうか。

ガソリン携帯缶にガソリンを入れたいときはガソリンスタンドでガソリンを補給する必要がありますが、この時灯油のように自分でガソリンを補給することは法律で禁じられています。

普通のガソリンスタンドはもちろんセルフ方式のガソリンスタンドでも自分で補給することが不可能となっているので、自分で補給したいという方もちゃんと従業員に賀詞論の補給を異例するようにしましょう。

こういった作業を守れない方の中には補充作業でミスを犯してガソリンが炎上するなどのトラブルを引き起こしたこともあるそうなので、自分と周りの安全のためにもルールはしっかり守りましょう。

コメントは受け付けていません。