トラブルに注意する

自動車を運転している際ついついガソリンの補給を忘れてしまい、危なくガス欠になるところだったという経験を持つ方は少なくないと思いますが、本当にガス欠になってしまった時のためにガソリン携帯缶にガソリンを入れておくと自分でガソリンを補給して再び走ることができます。

ガソリン携帯缶は引火しやすいガソリンを安全な形で運搬できるように作られた専用の携帯缶で、自動車の予備燃料以外にも様々な用途に使用するガソリンを常に持ち運びすることが出来る大変便利なものなのですが、ガソリン携帯缶にまつわるトラブルも多く報告されているので、使用する際は注意が必要です。

ガソリン携帯缶に関するトラブルの中でも特に多いのが中のガソリンが噴出してしまうトラブルです。

ガソリン携帯缶の中のガソリンは少しずつ気化しているため保管していた時間が長ければ長いほど内圧は高まっています。

そのため急に蓋を開けると内圧の急激な変化によって中のガソリンが周囲に撒き散らされる可能性があるのでガソリン間を開ける際は必ず内圧調整ねじを利用して内圧を安定させるようにしなければなりません。

もし周囲にガソリンが撒き散らされると何かの拍子にガソリンが引火してしまうこともあるので注意しましょう。

コメントは受け付けていません。